日本語/English

Gather. Townを授業で使ってみよう

パデュー大学 言語・文化学科 畑佐一味

2020年からの社会全体のオンライン化に伴い、教育にもオンライン化の波が押し寄せ、多くの大学でZoomのようなオンラインビデオシステムが急遽導入さましれた。しかし、このようなシステムは必ずしも語学教育に向いているわけではなく、教員は不自由さを感じながら使っています。例えば、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使って学習者同士に練習をさせている時、教員がそれぞれのグループ内で起きていることを把握しづらいといった問題が指摘されています。

一方、企業のテレワークを支援するために普段の仕事場と同じような環境をバーチャルオフィスとして再現することを目的として開発されたシステムが多く市販されています。(Remo, Tandem, oVice, Sococo, Gather Townなど)そのようなシステムでは、従来の(慣れ親しんだ)オフィスと同じようにレイアウトされたスペースを作ることができ、座席順なども似せて作ることができます。そうすることで、上司や部下がいつもの所にいるという感覚が得られます。バーチャルオフィスの参加者はアバターあるいは写真という形で登場し、スペース内を自由に動き回ることができるようになっています。また、会議室や休憩スペースも作られているので、限られたメンバー間でのビデオ会議やプライベートな会話も可能です。バーチャルではありますが、仲間と昼食を一緒に取るという行動も再現可能です。

その中のGather.Townというシステムは語学授業でも有効に使えそうなツールです。Gather.Townはすでにオンラインの学会の懇親会などで使われている事例が見られますが、参加者が25人以下の場合は無料で使え、時間の制限もありません。ユーザーインターフェイスには昔のファミコンのようなドット絵を使ったデザインが採用されていて、レトロな遊び心がある印象を受けます。スペース内にはテーブルや椅子などの家具や花などの調度品を自由に配置することができ、参加者は32X32のドット絵で自分のキャラクターを作り、矢印キーを使ってスペース内を自由に動き回ることができます。キャラクター同士が近づくと、相手のビデオがオンになり、ビデオ会話が開始されます。逆に、離れると見えなくなります。プライベートスペースという設定を使うと、その中にいる参加者のみのビデオ会話が可能になります。各自のパソコン画面の共有も自由にできます。教員は常にスペース全体を見渡すことができ、それぞれのプライベートスペースを移動すると中の様子が簡単に把握できます。そして、クラス全体に対してアナウンスする必要がある時は、スポットライトというポイントを設定します。

Gather.Townに関しての基本的な説明は、以下のブログに分かりやすく書いてあるので、こちらを読んでみてください。

Gather.Townをさわってみた

Gather.Townの使い方「オンラインビデオ通話スペース」

 

Gather.Townを使って、以下に、言語の授業ならこんなのが欲しいだろうというテンプレートをいくつか作ってみました。

初めて使う方は以下のURLから、sign upしてください。

https://gather.town/app

メールアドレスを入力して、アバターを作る必要があります。(パスワードはありません。)アバターは髪の色や服装などを選択する簡単なもので、後で自由に変更することができます。また、スペースに初めて入る時はチュートリアルをするか聞かれますが、スキップすることができます。

これから紹介するURLは、クリックすると誰でもスペースに入ることができます。マンションのモデルルームのような感覚で、お友達、同僚、学生達などと一緒にご自由にお試しください。時々見知らぬ人と出会うかもしれませんが、びっくりしないでください。

 

 

1. 自己紹介とペアワーク用

これは学期始めの自己紹介としてよく使われるアクティビティーの例です。クラスを二つに分けてペアを作り、お互い自己紹介をした後、時間を決めてペアの一人が次のペアに動くことで、短時間でクラスメートの半分と会うことができるというものです。これをGather.Townでやると以下のような手順になります。

学生を赤と青の椅子に分かれて座ってもらい、お互いに自己紹介を行います。教員の合図で、青の椅子の学生だけが隣の椅子に移動し、自己紹介を繰り返します。教員は画面下にある数字のセルに入るとその番号に対応するペアの会話を聞くことができます。

 

https://gather.town/invite?token=4TOSzpAhJOWx03XhhZ_kJ2kt_KPL_IH-

ペアワークは自己紹介と構造は同じです。

https://gather.town/invite?token=8YlrnHfLXFaFkK5CpiXM1C_ykJ4yFhWw

2. グループワーク用

3〜4人程度の小さいグループ活動を行うためのテンプレートです。学習者はそれぞれの部屋に入り、その中で活動を行います。教員は画面下方の数字のセルに入ることで、各部屋のモニターができます。

https://gather.town/invite?token=Lr1EzGpFDULCurEiZ_MPTwSnXxVIHBwW

3. 会話テーブル用

会話テーブルは多くのプログラムで採用されている活動ですが、Gather.Townでもオンラインの会話テーブルが簡単に設定できます。学生達にトピックを設定させてもいいでしょう。

https://gather.town/invite?token=UbCt1dlx4t2AuwNNfrgIaYvHY5DErTxG

 

4. ポスターセッション用

初級者から上級者まで含めた日本語プログラム全体でのポスター発表というようなアクティビティーがが可能になります。異なったレベルの学習者間のインターアクションを活発化するのにいい活動だと思われます。

https://gather.town/invite?token=MY1fd9AvfFuJ6RYCuqrGOS1hSDz_hV-E

 

上記のテンプレートの他にも、「犯人探し」や「同じ趣味の人を見つける」といったいわゆるインフォメーションギャップを利用したゲーム性のあるアクティビティも可能でしょう。また、オンラインのオフィスアワーにも使えそうです。

Gatherのスペースはゼロから作ることもできますが、ここで紹介したテンプレートをそのまま使う、あるいは、それを元にして自分用のものを作ることを希望する方はご連絡ください。

Contact: 畑佐一味(Kazumi Hatasa)
khatasa@purdue.edu
Purdue University
West Lafayette, Indiana


アクセスカウンター